歯科で抜歯をする

歯科での抜歯は痛いか

トップ / 歯科での抜歯は痛いか

歯科での診療に関する情報

抜歯は歯科で行われる

歯科へ行けばいろいろな治療がほどこされるわけですが、その歯の状態によってことなってきます。たいていは、可能な限り自分の歯は残しておくようにして、虫歯であれば虫が食っている部分を削り取りそのあと詰め物をしますが、手の施しようがないときには、抜歯ということになります。抜歯の患部に麻酔の注射をしたら、一機に歯を抜きます。そのあとは、抗生物質の薬をもらいそれを服用するようにします。その日の生活の注意点を幾つか、言われますのでそのことを守るようにします。歯科でそれが行われれば、その場所からは永久に歯が生えてくることはありません。

瓶

痛くない抜歯とは何か

虫歯がひどくなってしまった場合には、歯を抜かなければならないということもあります。ですが過去に歯科で抜歯を経験したことがある人は、歯を抜いた時の痛みが原因で利用することにためらいがあるという場合もあります。そのような場合には、痛くない抜歯を行ってもらうことができる医院を利用するということも選択肢の一つになります。最近では無痛治療を行ってもらうことができる場合も増えているからこそ、どのような歯科を利用するのかということが大切なことになるのです。無痛治療の場合には、麻酔を利用して治療を行うので、痛みを感じずに歯を抜く治療を行うということも可能なのです。