歯科の虫歯治療方法

詰め物をする歯科の治療法

トップ / 詰め物をする歯科の治療法

歯科での診療に関する情報

歯科での詰め物について

歯科での詰め物は症状によってその種類が異なります。多くの場合は銀歯や樹脂を詰めて対応します。経験の浅い医師や技術力があまり高くない医師が行った場合、詰め物がすぐに取れ、頻繁に通院しなければならないという課題があります。また、症状や病院との相性が原因でそれがすぐに取れてしまう事もあります。歯科を選ぶ時は慎重に行動した方が良いです。その方が後でケアのために多くの時間や金銭を使わなくても良いからです。それには様々な種類があります。医療機関は患者に複数のものを提示し、患者は好きなものを選択出来ます。自分のニーズに合ったものを選ぶべきです。

瓶

虫歯のときの詰め物の未来

虫歯のとき、歯に詰め物をすることを充填といいます。かつては、材料にアマルガムという物質を使うことが多かったです。水銀と他の金属の合金でできており、詰めた後が銀色っぽい、黒っぽい状態で見た目がよくありません。近年ではあまり使われなくなってきました。近年、歯科でよく使われるのは光重合型複合レジンという物質です。これは天然歯に近い色であまり目立たないものです。光を当てて固めます。治療でオレンジ色の板を反射させている場合、ほとんどといっていいほど、この物質で詰め物をされています。現在、開発途中にあるのがフィルム状のものです。歯の絆創膏とも呼ばれています。虫歯の穴が小さく、歯を削って詰めるまでもないものであれば、これが修復として理想です。歯科でも実用化が期待されています。